沿革

沿革

旭プラスチック工業株式会社は、前身の川澄化学工業(株)上浦工場(旧旭小学校の校地を借用)として医療用針の接着加工を開始し、1973年(昭和48年)7月、資本金300万円をもって独立し、医療用針の製造の他にプラスチックの押出形成を開始しました。


昭和
1973年4月11日(昭和48年)
川澄化学(株)上浦工場として医療用針の接着加工を開始
1973年7月25日(昭和48年)
川澄化学(株)より独立して、旭プラスチック工業(株)を設立(資本金300万円)
プラスチックの押出形成を開始
1976年7月(昭和51年)
プラスチック部門の需要増大に応えるため工場を増設
1978年10月(昭和53年)
資本金を900万円に増資
1979年6月(昭和54年)
佐伯市女島に佐伯工場を新設しプラスチック部門を移転
敷地面積 2,370㎡ / 床面積 915㎡
1980年10月(昭和55年)
本社を上浦より佐伯市女島(佐伯工場)に移転登記
1981年7月(昭和56年)
本社工場を増設 敷地面積 2,986㎡ / 床面積 1,762㎡
1982年6月(昭和57年)
資本金を1,800万円に増資
1983年12月(昭和58年)
大分県中津市に中津工場を新設 敷地面積 4,847㎡ / 床面積 1,435㎡
1987年9月(昭和62年)
資本金を2,700万円に増資
平成
1992年4月(平成4年)
岩手県一関市に岩手工場を新設 敷地面積 8,000㎡ / 床面積 1,800㎡
2005年7月(平成17年)
本社工場 ISO9001:2008取得
2008年11月(平成20年)
中津工場 ISO9001:2008(拡大取得)
2010年1月(平成22年)
岩手工場 ISO9001:2008(拡大取得)
2012年12月(平成24年)
中津工場を、本社工場と岩手工場にそれぞれ事業統合
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINE
  • メールでお問い合わせはこちら
side_recruit
side_saikicity
side_ichinosekicity
  • facebook
iso9001logo
PAGETOP
Copyright © 旭プラスチック工業株式会社 All Rights Reserved.